住宅にとって大切な外壁塗装~見積もりをすぐやるつもりで臨む~

定期的なメンテナンスが必要

ヘッドセットをした女子

FRPは硬いので、触って軟らかい場合はウレタン仕様となっています。今後ベランダの防水工事を検討されている場合はやはりFPRが最適です。その理由としては耐久性や防水能力が高く、工事期間も短いことが挙げられます。耐久性の高いFPRでも年月が経つと補修をしなければいけません。車のボディとは違いベランダは人が歩きますので負担が大きいです。その為一般的に8年に一回はメンテナンスが必要となります。FPRの一番上の表面の層は紫外線などから防水層を守る保護層ですので、表面にひび割れが入ったからといってすぐに水漏れが起きるわけではありません。しかし保護層がないと防水層の劣化も起こりやすくなりますので、定期的なメンテナンスは必要となります。

ベランダの防水工事は主にFPRかウレタンによる施工となりますが、それぞれの施工費用はすこし異なります。やはり高性能で現在多くのベランダに施されているFPRはウレタンでの施工よりも高額になります。相場としてはFPR防水の場合は1平方メートルあたり7,000円から8,000円となっています。ウレタン防水の場合は4,000円から6,000円が工事費用の相場となっています。またその他にもゴムシートによる施工方法もあります。この方法は数ある施工方法の中でも最も低価格で防水工事を行うことが出来ます。費用は1平方メートルあたり3,000円が相場です。しかしゴムシートによる施工は人の歩行による耐性が高くありませんので、人が出入りしない場所への施工が向いています。